大学受験のシステム

大学受験をする際、受験のシステムを知っておくと失敗することなく大学に進学することができるので、よく理解しておくことをおすすめします。
特に私立と公立では大きくシステムが変わってくるので、どのような受験方法があるのかを確認しておきましょう。

一般的に大学受験には3つほど方法があります。
一つは推薦入試で学校の校長の推薦にもとづいて、学力検査を免除されるので、学力に不安がある方には非常に有効な方法です。
二つ目はAO入試です。
この試験方法は学生から書類を提出してもらい、学生の意欲や適正などを面接で評価します。
かなり時間のかかる方法ですが、意欲の高い学生を求める大学では重要な試験方法になります。
三つ目はセンター試験です。
大学入試の定番のシステムになります。
ほとんどの方は大学受験で通る道になるのですが、私立も公立も関係なく、一般入試で大学に入るときには必ず受ける試験になります。
この試験を終えた後、大学独自の試験を受けることで、合否が判定されます。

私立に行くか、公立に行くかで受験の方法も変わってきます。
私立に行く場合は推薦で行く方も非常に多いです。
40%程度は推薦で入学すると言うデータもあります。
それほど推薦の比率が大きくなっているのです。
公立の場合はやはりセンター試験がかなり多くの割合を占めています。
志望する大学によってどの方法が最も効率的に進学できるかを考えると良いです。
当サイトでは大学受験の私立と公立のシステムの違いを紹介しています。
あなたの合った大学を見つけるためにもぜひ参考にしてください。


≪Special Link≫
大学受験や高校受験の際に利用すると役立つプロ家庭教師の派遣会社です => 家庭教師